野菜不足の解消

7e062637d72f7d20421865441acfd891_m

現代の日本人のほとんどの人が慢性的に野菜が足りていません。
厚生労働省が定めている理想的な野菜の摂取量は350gです。
日本人の平均は約280gです。

これでは、生活習慣病やメタボリックシンドロームになっても
仕方がないかもしれません。

 

ミネラルなどは、昆布、ワカメなどの海藻などからも取れますが、
海藻もそれほど多量に摂取するものではありませんし、
やはり、野菜不足ということはミネラル不足などになるのは否めません。

 

他にもビタミンや食物繊維などの栄養素が足りないことになります。
そうなれば、どうなるかは想像できますよね?

 

ビタミン不足などはお肌などにも影響を与えるのでエイジングケア
にひびくでしょう。

 

便秘の解消

5d5412e1f5620107892b0478f2a8a313_m

 

食物繊維が不足しているということで、便秘がちになり、毒素が溜まり
やはり、腸内をきれいにできなくなってしまいます。

 

腸内フローラを目指すのであれば、食物繊維でまず腸内からキレイになり、
そして、化粧品でごまかすよりも、美容も手にするのが一番手っ取り早いです。

 

食物繊維が多く含まれているため、お通じを良くしてくれます。
食物繊維を一番多く含んでいる青汁の原材料はクマザサです。

 

まずは、便秘を解消したいという方はクマザサが主原料の青汁を
選ぶと良いかもしれません。

 

青汁でダイエット

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_m

青汁には難消化デキストリンが含まれているものが多いです。
難消化デキストリンが含まれているということは、脂肪や糖を吸収を抑え
便として排出できるのです。

 

その結果、運動などをしたり極端な食事制限などを敢行したダイエットには
及びませんが、ダイエット効果も期待ができるわけです。

 

野菜不足でダイエットが中々思うように進まないという方もいるでしょう。
青汁を飲めば野菜不足を簡単に補うことができ、
栄養素から簡単に基礎代謝も上がりダイエットへつながります。

 

厚生労働省が定めている野菜量を食べるのにはなかなか難しいところですが、
1杯100円程度の青汁を飲めば、野菜の量と相当量になります。

 

それであれば、ゆっくりとではあると思いますが、
ダイエットにも効果があるのはわかりますよね。

 

だから、最近の青汁はただ健康をうたっているだけではなく、
ダイエットなどにもよいと宣伝しているのです。

 

アンチエイジング

e9ab1cd155651aa1ef42cf865aced85d_m

そして、青汁には抗酸化作用もあります。
アンチエイジングにはとても有用なさようですよね。

 

これは、便秘解消と被る話になるのですが、
便秘が解消されるということは、腸内がきれいになるということです。

 

これが何を意味しているのかと言うと腸がきれいになるとデトックス
効果があり、毒素を体内にためないので、自然にお肌の調子もよくなり
アンチエイジングにも効果があるのです。

 

また、今の青汁は青汁本来の持つミネラル分などの栄養素に加え
飲みやすさ、そして、美容と健康に役立つ栄養素を含んでいるものが多く
より、健康と美を手に入れやすくなっているわけです。

 

カルシウムを補う

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_m

私がイチオシの太田胃酸の桑の葉青汁はMBPという雪印メグミルクが
カルシウムを逃さない成分を配合しています。

 

成長期のお子さんにはカルシウムは欠かせないですし、
また、一般的な大人にもカルシウム不足はイライラすると言われ必要です。
高齢者に至っては骨粗しょう症など骨を丈夫にするために必要です。

 

そうなんです。成長期のこどもから、高齢期の大人まで必要とする
カルシウムを逃さない青汁だからとてもお勧めなのです。

 

もちろん、他の青汁のようなダイエット効果、アンチエイジング効果も
しっかりと補ってくれる成分、ビタミンなどが豊富に含まれています。

 

以上のことから私のイチオシは太田胃酸の桑の葉青汁です。

%e6%a1%91%e3%81%ae%e8%91%89%e8%8c%b6