青汁にはどんな種類があるの?

 

青汁の原料にはケール、明日葉、大麦若葉、クマザサ、
よもぎ、桑の葉などを原料としているものがあります。

 

青汁が健康に良いけどまずい、青臭いと言われていた
かつてに比べるとはるかにクセはなくなりましたが、
その青臭いのはケールを使用している青汁が大半です。

 

今ではフルーツ青汁などというフルーツを配合して
より飲みやすくしている青汁が出てきています。

 

それでは、それぞれの原料の特徴を見ていきましょう!

 

ケール

b7676a617eb23d98d5786510cad91bff_m

青汁の代表原料として有名なのはケールです。
キャベツの原種だったと言われています。
キャベツの甘味を考えるとキャベツの原種?と思ってしまいますね。

 

ケールは一年中栽培でき、育てやすいのが特徴です。
また、とても生命力の強い野菜です。

 

ケールが青汁の原料となる理由は栄養価の高さです。
β-カロテンやビタミンC・E、食物繊維、マグネシウム、
ルテイン、クロロフィルなどがバランスよく豊富に含まれています。

 

先ほどもお伝えした通り、キャベツの原種のようですが、
キャベツのような甘さはなく、独特の苦みがあることから
「飲みにくい」ことも特徴になっています。

 

青汁が出たころは「まずい!もう一杯!」でしたもんね。

 

でも、最近は苦味や青臭さを抹茶、緑茶、レモン、フルーツなど
飲みやすさを追求して改良されてきています。

 

今ではケールを主原料とした青汁も飲みやすくなってきています。

 

栄養価は高いのでケールが主原料の青汁を色々
と試してみるのも良いと思います。

 

大麦若葉

oomugiwakaba

 

ケールの次に青汁の原料としてよく使われているのが、大麦若葉です。
大麦若葉とは、イネ科の植物で名前の通り大麦の若葉になります。

 

ケールにくらべて、大麦若葉は匂いやクセがないのが特徴です。
したがって、飲みやすい
ため、子どもや初めての人におすすめの青汁です。

 

ビタミンAやC、ビタミンB群、食物繊維、ミネラルやカリウム、
マグネシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

 

大麦若葉にはSOD酵素が含まれています。
SOD酵素とは、活性酸素を分解することができるとして注目を集めています。
そのため、アンチエイジング効果なども期待できます。

 

明日葉

b5910be61396817610236b43e9d2351f_m

 

明日葉も、青汁の原料として有名ですよね。
今日葉を摘んでも、もう明日には芽が出ているという
生命力から明日葉という名前が付いたということです。

 

明日葉の栄養素は、β-カロテン、ビタミンB群、
ビタミンC、カルシウムやカリウム、などです。

 

また、食物繊維が豊富に含まれており、
栄養価の高さはケールに勝るとも言われることがあります。

 

「カルコン」と呼ばれる成分が、明日葉には含まれています。
カルコンとは、明日葉の茎や根を切った時に出てくる黄色い汁のことです。

 

このカルコンが美肌・ダイエット効果などが期待できると言われています。

 

さらに、明日葉はガンに効く食材として最近の研究で注目を集めています。

 

クマザサ

aa99cacc6091827d023d98c8a92839d2_m

 

クマザサの青汁も北の大地発ということで、
北海道からの青汁として発売されてますね。

 

クマザサは栄養が豊富で健康に良い成分が多く、
便秘に効果があると言われてますね。

 

クマザサは食物繊維が普通の青汁の10倍含まれています。
だから、便秘に効くんでしょうね。

 

クマザサに含まれるビタミンC、ビタミンB、ビタミンKの
各種ビタミンや抗酸化作用、カロテンがクマザサの特徴ですね。

 

桑の葉

c1bcf2bf6726acecc574d48916620741_m

 

桑の葉というと蚕というイメージですよね。

 

なぜ、この桑の葉の青汁があることを
最後にご紹介しようかと思ったかと言うと
桑の葉がスーパーフードだからです。

 

だから、桑の葉の青汁はスーパーフードの青汁なのです。
だからお勧めなのです。

 

桑の葉の有効成分のひとつとして「1-デオキシノジリマイシン」があります。
糖質の吸収を抑える働きがあり、
血糖値をコントロールすることに優れているため、
血糖値の急激な上昇や下降をコントロールしてくれます。

 

桑の葉には、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンC、ビタミンEのビタミン群と、亜鉛、鉄、
マグネシウム、カルシウムなどのミネラルも含まれています。

 

桑の葉の青汁にも食物繊維が含まれています。
この食物繊維は消化されずに大腸まで届く成分で、
便のかさ増しによって、腸内ビフィズス菌や乳酸菌の割合を増やし、
便秘を解消させる効果があります。

 

それにより、腸内の発癌物質の生成を抑える効果があるといわれています。

また、コレステロールから作られる胆汁酸の排出を促進し、
血中コレステロールを下げる働きや、
食後の血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるといわれています。

 

桑の葉は、クマザサの10倍の食物繊維には負けますが、
ケールに比べて食物繊維の含有量が約4倍です。

 

ギャバも多く含まれており、神経伝達物質として脳内の血流を活性化し、
脳細胞の代謝機能を上げたり、酸素供給量を増やす働きがあり、
血圧を下げ、中性脂肪の抑制、神経を安定させる効果があるようです。

 

ルチンも含まれており、抗酸化作用をもつポリフェノールの一種です。
ビタミンCの吸収を助け、皮膚や血管を健康に保ち
老化を防止する効果があります。

 

高血圧や血糖値の回復作用があり、糖尿病予防にも効果的ということです。

 

こんなスーパーフードの青汁なので、便秘解消、ダイエット、
肝臓、腎臓機能の改善、糖尿病予防、高血圧予防などに期待できます。

 

上記のことが期待できるということは、エイジングケアにも期待できますよね。

 

これが、桑の葉がスーパーフードと言われるゆえんであり、
桑の葉青汁が青汁の中でもかなり優れているということを伝えたかったのです。

 

%e6%a1%91%e3%81%ae%e8%91%89%e8%8c%b6